HOME > タペストリー(バナー)

タペストリー(バナー)

タペストリー(バナー)

コンビニやスーパーなどの店舗内外に見られるタペストリー(バナー)は、皆様にとってもっとも身近な広告媒体のひとつ。
こちらでは、タペストリー(バナー)の種類や、ご提案を含めた当社の製作ノウハウをご紹介します。

タペストリー(バナー)とは…

タペストリーとは、天井などから吊るして掲示する垂れ旗のことです。
バナーは本来横幕のことですが、フラッグなどとともに空間に吊るして掲示するものを、まとめてタペストリーと呼ぶことがあります。

吊るす個所としては、店舗の内外の天井や壁面、街路灯の突き出しポールなどが代表的です。いずれも、セールやイベントの告知を華やかに盛り上げるときに使用します。

タペストリー(バナー)の種類

極端にいうと、タペストリー(バナー)には定形がありません。お客様のイメージにあわせて自由にお作りいただけます。

定番としては「縦」「横」「ベース」「逆ベース」「波型」「円形」など。大きなものは、幕張メッセなど大規模なイベント会場の天井から吊るす5m四方のものから、縦30×横10cmぐらいの小さいものまで、大きさもさまざまです。

当社ではもちろん、お打ち合わせなどの際にお客様のご要望をお聞きし、これまでの実績のあるさまざまなパターンをご提案させていただきますので、ご安心ください。

タペストリー(バナー)の特殊スタイルもおまかせ

タペストリー(バナー)やのぼりには、波型や円形などさまざまなカットの種類があり、数量にもよりますが、これらのカットには技術を要します。

当社ではこれまでのノウハウを生かし、カットが難しいものに関しては、専用の型紙を製作しますので、形やイメージに統一感を持たせた製作が可能です。

▲ ページトップへ